loading...
CASES

椎体骨折

椎体骨折

脊椎の骨折および脱臼は時に交通事故などの外傷が原因で起こったり。または病的な状態の結果として起こる事が知られています。脊髄神経自体も損傷されていて予後の悪い場合も多く存在しますが、中には開腹の可能性がある場合もあります。そのような場合には椎体の固定術を実施します。

交通事故による胸腰椎骨折
背側椎弓切除術と同時にpositive-thread pinと骨セメントを使用して椎体固定術を行います。

術前X線

 
折れた椎体を元にもどしてピンで固定します。
その後、骨セメントを用いてピンを固定します。

術後X線


術後、軽度の麻痺は残っていますが歩けるようになりました。